口腔外科

デリケートなお口の健康をまもる。

皆さんは口腔外科という科についてご存知ですか?
文字通り“お口の中とその周辺の外科”を専門的に扱う科ですが、
具体的には、親知らずなどの難しい抜歯、口腔や顔面外傷の治療、
口腔内の腫瘍や嚢胞(膿の袋)、奇形、顎変形症、インプラントのオペなどがあります。
お口は消化器系のいりぐちであると同時に、外界に触れるデリケートな部分です。
料理を味わい、会話を楽しみ、気持ちよく笑えるのも、お口の健康が保たれていればこそ。
歯や口腔は全身の一部であり、決して独立しているものではありません。
最近の研究では歯周病や虫歯やかみ合せが全身に大きな影響を与えることがわかってきています。
初期のサインを見逃さず、適切に処置することがとても大切です。

お口のあんなこと、こんなこと。 お気軽にご相談ください。

国立仙台病院歯科口腔外科では、顎変形症(受け口等)の患者さんの理想的な噛み合わせや審美的な外観をつくる手術、ガンや外傷等で歯や顎の骨を失った患者さんに対し骨を移植し、インプラント(人工歯根)により噛み合わせを再建する治療を中心に研鑽を積んできました。口腔外科は一般には余り知られていませんが、インプラントのように最新の治療技術でこれまであきらめてきたことが可能になったり、お口の中の各種疾患の早期発見と治療による全身の健康保持でも重要性が増しています。
当院では、口腔のケガや病気に対する適切で安全な治療はもちろんのこと、口腔内カメラなどの説明アイテムを揃え、お口の中の現状を知っていただいた上で、今必要な治療と将来必要とされる治療をわかりやすくご説明し、長期的なライフサイクルの中で患者さんご自身が積極的に口腔管理に参加していただけるような診療をこころがけています。

ケースに応じた歯科麻酔

親知らず・埋伏歯

CTを活用して口腔内を精密に診断

現代人は顎の大きさが小さくなってきており、親知らずが並びきらない方が増えています。真っすぐ生えないと、他の歯にも悪影響を及ぼします。根っこが曲がっている歯、骨に潜っている歯、横に倒れこんでいる歯。そうした難しい抜歯ほど口腔外科の得意な分野。歯科麻酔科医のテクニックも併用し、痛くなく安全な抜歯を行います。 親知らずの抜歯や嚢胞の切除時など、口腔内の状態を正確に把握するために歯科用CTによる撮影・分析を行います。精密な診断を行うことでより安全に施術し、患者様の負担を軽減することができます。

顎関節症

嚢胞(膿の袋)

お口が開きにくい。開けるときに痛みがある。関節から音が鳴る。このような症状を顎関節症といいます。噛み合わせ・歯ぎしり・外傷・精神的ストレスなど、顎関節症にはさまざまな原因や、複合要因の場合も考えられます。当院では多方面からの診査を行い総合的に判断したうえで、最適と思われる治療法をご提案します。 様々な種類がありますが、根の先にできるものが頻度として高く、体調が悪くなると歯茎の深い位置が腫れて痛みが出るといった症状が出ます。神経の治療では治癒困難な大きなもの、土台がはずせないようなケースでは外科的に除去することにより、抜歯を回避できることがあります。

口腔内の総合検診

大学病院との提携

当院では口腔内を総合的に検診することができます。お口の中から全身の病気を発見したり、一見歯周病や口内炎にみえる口腔ガンを発見したりすることも稀ではありません。歯とともにお口の中も定期的に検診を受けることが大切です。 院内に入院施設を備えておりますが、大規模な外科手術の設備・体制が必要な場合は、提携している富山大学附属病院へ入院し手術を受けていただくことも可能です。
このページの先頭へ