インプラント

※全身の健康状態などにより、インプラント治療が制限されたり、適用できないケースもあります。詳しくはご相談ください。

専門技術をいかし、難度の高い施術も可能

国立病院歯科口腔外科での各種臨床経験をいかし、安全な施術を実施します。
また、歯科麻酔専門医として全身の状態をみて、ご希望の方には
静脈内鎮静法(点滴麻酔)併用で行いますので安心して手術を受けていただけます。
治療は設備の整った専用のオペ室を使い、治療後の安心のため短期入院施設も備えています。
また、今まで骨が不足しているため手術を受けられないと言われた方でも、
ボーンクラフト(骨移植)や骨増生術といった高度な技術によって
可能となる場合がありますのでお気軽にご相談ください。

ボーンクラフト(骨移植)

ノーベルガイドなど最新技術を用いた治療に対応

国立病院歯科口腔外科での各種臨床経験をいかし、安全な施術を実施します。
また、歯科麻酔専門医として全身の状態をみて、ご希望の方には
静脈内鎮静法(点滴麻酔)併用で行いますので安心して手術を受けていただけます。
治療は設備の整った専用のオペ室を使い、治療後の安心のため短期入院施設も備えています。
また、今まで骨が不足しているため手術を受けられないと言われた方でも、
ボーンクラフト(骨移植)や骨増生術といった高度な技術によって
可能となる場合がありますのでお気軽にご相談ください。

ノーベルガイド(コンピューターガイドシステムによる治療)

インプラント義歯

顎に埋め込んだインプラントを土台として義歯(入れ歯)を固定する、両方の特徴を合わせ持った治療法です。
手術が必要となりますが、現在の義歯を用いた治療法の中では、最も強固な義歯をつくることができます。
ぐらついたり沈んだりせずに噛む力がしっかり伝わり、自分の歯に近い感覚で使用できます。

経過観察とアフターケア

インプラント治療は、インプラントと骨の結合を待つ治癒期間など、
長期的な治療と経過観察の繰り返しが必要となるため、
患者さんご自身の根気強く治そうという気持ちが重要です。
また治療後は、ブラッシングなど適切なホームケアとともに、定期検診により、
インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認し、必要に応じたケアを行います。
インプラントは生体親和性に優れ、お口全体の衛生状態がきちんと保たれていれば、
長期にわたり安定した機能を得ることが可能です。

患者さん個々に応じた選択

インプラントとともに、ブリッジや入れ歯の利点・欠点を比較し、
患者さんそれぞれのお口の状態、審美的要求やライフスタイルなどを考慮し、
最適な方法を選択することを重視しています。入歯でも金具を使わないもの、
装着時の違和感が少ないものなどを選ぶことができ、
すべてインプラント治療のみをおすすめするわけではありません。

CTを活用した安全なインプラント施術

正確なインプラント治療を行うため、歯科用CTを活用しています。術前にインプラントを埋入する
部位の骨の厚さ・形態などを詳しく調べ、安全な施術が可能か、どのような治療計画が最適なのか
などを判断します。

このページの先頭へ